新型コロナウイルスに関して

雪の街法律事務所では、新型コロナウイルスへの対策として以下の対応を取っております。

①ご相談中は常に窓を開けてのご相談となります。
②ご相談中、弁護士は常にマスク・ゴーグルを着用し、ご対応させていただいています。
③ご相談者様にも、全員にマスクを着用していただき、かつ、入室時に手のアルコール消毒をお願いしております。
④ご相談者様が退室され、次のお客様が入室する前に、相談室の床・壁・テーブルをアルコール消毒しております。
⑤当事務所が入っているビルの踊り場は、終日、窓を開けており、エレベーターのボタン等もアルコール消毒を実施しています。

これらの対応を、当事務所では2月の上旬から徐々に行ってまいりました。
お客様にもお手数をおかけいたしますが、関係者全員が、この非常事態を無事に乗り越えられますよう、どうかご協力をお願いいたします。

北海道、胆振地方の大地震

2018年9月6日の早朝に発生した胆振地方を震源とする大地震の影響で、旭川中心部も信号機が止まり電話回線がストップしたため当雪の街法律事務所も機能がストップしていました。 9月7日には復旧し通常営業に戻りましたのでご報告申し上げます。

札幌の友人たちは今日7日現在、未だ電気も復旧していないとのこと。
どうか皆様、二次被害および今後の余震本震にお気を付けください。